劇団四季様の新劇場「有明四季劇場」に木金ロッカーを納入しました


今年の秋、東京・有明にオープンした劇団四季の専用劇場「有明四季劇場」に、お客様用お荷物入れとして100円コインリターン式の木金ロッカーを納入いたしました。
新劇場の建築段階でロッカーのお話をいただき、設置にあたり場内の雰囲気を壊さぬよう木金ロッカーをご提案し、採用していただきました。


2021年9月26日からオープニング作品として始まったのはミュージカルの王者『ライオンキング』です。
『ライオンキング』東京公演は1998年12月20日に開幕。東京以外にも大阪・福岡・名古屋・札幌で人々を魅了し続けてきました。
日本演劇史上初となる『無期限ロングランへの挑戦』を続ける『ライオンキング』の東京公演は1998年の開幕以来、旧四季劇場[春]、四季劇場[夏]で上演を重ねてきました。9月からはその舞台を新天地「有明四季劇場」に移し、さらなる挑戦を続けます。
 
「有明四季劇場」にご来場の際は、弊社のロッカーにお荷物を預け、ゆっくりと『ライオンキング』をご観劇ください。

町田美容専門学校様にプラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)を納入しました

今年の春、男子学生用更衣室にプラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)、SP-3:Lサイズ・ホワイト×ネイビーをご導入いただいた町田美容専門学校様に、SP-3:Lサイズ・ホワイトを追加納入いたしました。

 
【SP-3:Lサイズ・ホワイト×ネイビー ダイヤル錠】

   
【SP-3:Lサイズ・ホワイト ダイヤル錠】

学生用ロッカーの入替え検討の話が挙がった際、弊社からのDMをご覧になりプラスチックロッカーに興味を持たれたと、お問合せをいただきました。

弊社商品だけではなく、他社商品のプラスチックロッカーのサンプルを取り寄せるなどして、ご検討された結果「見た目は同じだが製品の違いが明白でした」と、フジプラロッカーの実績及び安全性で、採用していただきました。

今後もお客様が全てに納得したうえでロッカーをご購入できるよう、様々なご提案をさせていただきます。

神奈川県内の町営プールにプラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)を納入しました

神奈川県内にある町民プールのリニューアルオープンに伴いフジプラロッカーのフジプラ(FUJIPLA))SP-3を納入しました。

プラスチックの中でも耐久性が強いABS樹脂製のフジプラロッカーはサビにも強く、湿度の高いプール更衣室に好適です。

万が一破損しても、組立式のフジプラロッカーは壊れたパーツだけを交換するので、ランニングコストの削減も可能です。

  

様々な地域の指定管理業者様に選ばれ、公共施設への設置も増えております。

 

 

旭川実業高等学校様にプラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)を納入しました

北海道旭川市・旭川実業高等学校様へプラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)を納入しました。

今まではロッカーを設置せず共有の棚を使用されていたのですが、コロナ禍で個人ロッカーが検討された際、弊社からのダイレクトメールが目に留まりご連絡をいただきました。

サンプルで実物をご覧いただき、組立式で1BOXずつの設置が可能なためクラス編成の際のレイアウトや転入生にも即対応できる等の理由から、フジプラロッカーの採用が決まりました。

  

納入したのはSP-3タイプで、扉・アタッチメント共にホワイト・南京錠仕様です。

神奈川県のスイミングスクールにプラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)を納入しました

神奈川県のスイミングスクールに、プラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)を納入しました。
 

  
施設の全面リニューアルに伴い、フジプラロッカーSP-3が更衣ロッカーに採用されました。
フジプラSP-3(扉)はアタッチメントを使用し、錠前接続部分をステンレスで強化しています。

今回は人気のホワイトにレッド・ブルーを合わせました。

藤嶺学園藤沢中学校・高等学校様にプラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)を納入しました

神奈川県藤沢市にある藤嶺学園藤沢中学校・高等学校様にプラスチックロッカーのフジプラ(FUJIPLA)ミニロッカーMSサイズを納入しました。

こちらでは以前から生徒自身がロッカーを購入するパーソナルロッカーシステムでお世話になっておりますが、今まで使用されていたスチール製のシューズロッカーにかなりサビが発生してきたため入替の検討があがり、弊社にお声をかけていただきました。

壁や廊下が木目で落ち着きのある校内なので、生徒用フジプラロッカーには木目扉が採用されていますが、今回はブラウン扉を採用いただきました。

  
【before】                【after】

シューズロッカーをご検討の際は、フジプラミニロッカーをサビないシューズロッカーとしてぜひご検討ください。

トップインドアステージ相模大野様に木金ロッカーを納入しました

神奈川県相模原市にあるインドアテニススクール『トップインドアステージ相模大野』様に、木金ロッカーを納入しました。

こちらの施設は会員数に比べ契約用ロッカーの数が少なく、会員の方々はロッカーが空くのを待っている状態でした。

そんな状況から施設側もロッカーの増設をお考えでしたが、新しいロッカーを設置するスペースが無く、また今あるロッカーのを動かし配置を替えたくても、全て壁に固定されているため動かすせず、どのように増設したらよいのかとお悩みでした。

そんななか弊社へご相談いただき、営業がご提案したのは通路に設置する方法でした。
こちらの施設は通路幅が広いため、ロッカーを設置しても人が行き交うのに邪魔にならないと考えたからです。

   

ロッカーを設置する際、転倒防止のため壁などにロッカーの背を固定する「背面固定」が一般的ですが、今回は通路に設置するため固定する壁などがありません。
そのためロッカー内部から床に対し転倒防止の作業をしました。

設置場所でお悩みの場合にも、一度ご相談ください。

金沢靴磨き-Symphonik Wolfe-様にスチールロッカーを納入しました

石川県金沢市泉で、北陸初の靴磨き専門店『金沢靴磨き-Symphonik Wolfe-』を開業されている
相賀善博様。
イベントでの出店や企業案件で時折店舗を不在にすることがあり、お客様にご迷惑をかけず靴を預かるためのロッカーを設置したいとご相談をいただき、特製スチールロッカーを作製・納入いたしました。

  

店舗の雰囲気に合わせロッカー本体をブラック塗装で高級感を出し、ダイヤル錠も本体に馴染むブラック仕様にしました。

  

相賀様が大学生のころから趣味で始めた靴磨きの技を極め開業された『金沢靴磨き-Symphonik Wolfe-』のホームページを拝見すると靴への愛情を深く感じます。

日本一雨の多い北陸地方の靴磨き屋さんとして、地元のテレビ局や新聞社に取材を受けられることも多い相賀様の、今後ますますのご活躍を祈念しております。